あっちへフラフラ。こっちへフラフラ。野良猫のように自由気侭に撮った写真を公開していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プルーンのジャム
2012年09月10日 (月) | 編集 |
ジャムでも作ろうかなぁと思い立ち、目に入った生のプルーンを購入。

ドライフルーツのプルーンしか食べたことないけど、まあ、ぶどう的な何かだろうと安易に考えてました。


いざ、ジャムを作ろうとまず思ったこと。
皮って剥くのか・・・??

はい!ここからしてさっぱりプルーンの扱い方が分かってませんでした!
なんか皮がゴツイ感じだったので包丁で剥き剥き。
(後でネットで調べたときに判明したのですが、皮ごとで良いようです。)

皮を剥いて、中の種を取り除いて、レモン汁をかけて、砂糖をかけます。
プルーンが400gぐらいだったのでその半分の200gでいいかなーと適当に入れます。

なんか・・・水分が全然ない。

これは由々しき事態だ!と思い、とりあえず放置。
レモン汁とか砂糖で水分がでてくるかなーと思っていたらまさに目論見通り。

おお。溢れでてくる水分。すごいぞプルーン。

ただ、ここで匂いを嗅いでみると、なんだかじゃがいもの皮みたいなにおいが・・・。


え、これ、ジャムにしても大丈夫か?失敗してない??



若干(いや、かなり)不安を抱きながらも、煮詰めてみます。



約5分後ーーーー


う〜ん・・・・これは・・・どうなんだ?

なんだか、微妙な匂いが・・・。


流石にこれは大丈夫なのか不安になり、漸くネットでプルーンについて調べてみることに。
(最初から調べておけよ、という正論は受け付けます。)



あれ?ちゃんと普通にプルーンのジャムってあるんだ。ということに気付く。
あれ?最初に水分を出すために寝かしたの正解だったのか。ラッキー。
あれ?10〜15分ぐらい煮詰めたら赤色に酸化して完成するのか。なるほどなるほど。

というわけで、さらに煮詰めることに。あと、レモン汁追加投入。


プルーンを潰すように木べらでせっせとかき混ぜていたら・・・

おや?なんだか、甘い匂いが・・・?



これは、、、、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


ちょっとジャムを舐めてみると、ほんのり甘酸っぱい。これは美味しい!!



そのまま、飴の様にテカリがでるまで煮詰めること15分。


完成!!!

熱々のまま密封びんに保存。


色は赤色にならなかったけれども、舐めてみると甘酸っぱくて美味しい。
母親曰く、梅ジャムみたいと言ってました。


適当に果物を買い、適当に作り出した今回のプルーンジャム。

なんやかんやで、上手くできて良かった笑


明日の朝にジャムをパンに塗って食べたいと思います。
楽しみだ♪





スポンサーサイト
テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。