あっちへフラフラ。こっちへフラフラ。野良猫のように自由気侭に撮った写真を公開していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ERA LIVE @京都 ゴブリン
2012年09月15日 (土) | 編集 |
ERAのLIVE 京都で行ってきました!

ERAのliveは去年の12月にあったフィドルフィーバーが初めてで、今回が2回目。
東京を活動の拠点にしている人たちなので関西に来てくれると知り、これは行くしか無いな、と。


LIVEはやっぱりCDでは味わえない魅力があるよね。というか、CDをアレンジしてるからより楽しめる。なにより、迫力が断然違う!!音の厚みが凄いのよ。たった二人なのにあの厚みは一体なんやねん!(思わず関西弁)

楽器の最大能力を発揮して演奏してる感じ。
あの高速演奏の指の動きにエフェクトが効果的に使われていてかっこいい。
なにより壷井さんの演奏中の筋肉に萌えた。
ヴァイオリンの弦を押さえるのってかなり力必要そうだよね。


そして、忘れられた舟で何故かこう、胸にこみ上げてくるものがあって涙が滲んだ。でも1人だったから堪えた。恥ずかしじゃないか!

あとやっぱり、金環食が大好きだー!!!
アラビア音階(かなぁ?)がかっこよ過ぎだ!!
ついつい身体がリズムに揺れてしまう。あの音楽の雰囲気に演奏の力強さは凄い。ぜひ聞いてほしい一曲。

名曲が沢山演奏されたliveでした!!(←Liveに来てた人なら分かるネタだなw)


あと演奏は勿論だけれどもトークも面白いんだよね。自然体というか。
鬼怒無月さんが天然で壷井彰久さんがゆるゆるツッコミというのは2度目のLIVE参加にて確信を得た。

ぜひ、1作目から4作目を作り直すバンドを目指してほしい。笑
そしてプロのダフ屋とか一体何のことやらw




最後にERAの曲ではないけども、アンコールの無敵が素敵だった。
哀愁漂うというか寂しさがあったな。



あ、そうそう、Sailing Stoneの拍子がイーラ史上もっとも拍子が取りにくいらしいので、拍子を意識して聞いて見たが訳がわからない。最初の9拍子と最後の4拍子はわかったけど途中の8拍子やら6拍子やら?がさっぱり分からない!

誰か教えてー!


ーーーーーーーーーーーーーー
BGM: 鳥達の秘密/忘れられた舟(ERA)

スポンサーサイト
VALRAVN
2012年09月10日 (月) | 編集 |
最近youtubeを漁ってたら出てきた音楽。

トラッド系ロックバンドで好きなジャンルですが、これは惚れた!!!


力強い歌声とバックミュージックのテンションの高さが好きです。


VALRAVN

↑クリックするとyoutubeに飛びます。


どうやったら、動画を埋め込めるんだろう・・・?

テーマ:おすすめ音楽♪
ジャンル:音楽
プルーンのジャム
2012年09月10日 (月) | 編集 |
ジャムでも作ろうかなぁと思い立ち、目に入った生のプルーンを購入。

ドライフルーツのプルーンしか食べたことないけど、まあ、ぶどう的な何かだろうと安易に考えてました。


いざ、ジャムを作ろうとまず思ったこと。
皮って剥くのか・・・??

はい!ここからしてさっぱりプルーンの扱い方が分かってませんでした!
なんか皮がゴツイ感じだったので包丁で剥き剥き。
(後でネットで調べたときに判明したのですが、皮ごとで良いようです。)

皮を剥いて、中の種を取り除いて、レモン汁をかけて、砂糖をかけます。
プルーンが400gぐらいだったのでその半分の200gでいいかなーと適当に入れます。

なんか・・・水分が全然ない。

これは由々しき事態だ!と思い、とりあえず放置。
レモン汁とか砂糖で水分がでてくるかなーと思っていたらまさに目論見通り。

おお。溢れでてくる水分。すごいぞプルーン。

ただ、ここで匂いを嗅いでみると、なんだかじゃがいもの皮みたいなにおいが・・・。


え、これ、ジャムにしても大丈夫か?失敗してない??



若干(いや、かなり)不安を抱きながらも、煮詰めてみます。



約5分後ーーーー


う〜ん・・・・これは・・・どうなんだ?

なんだか、微妙な匂いが・・・。


流石にこれは大丈夫なのか不安になり、漸くネットでプルーンについて調べてみることに。
(最初から調べておけよ、という正論は受け付けます。)



あれ?ちゃんと普通にプルーンのジャムってあるんだ。ということに気付く。
あれ?最初に水分を出すために寝かしたの正解だったのか。ラッキー。
あれ?10〜15分ぐらい煮詰めたら赤色に酸化して完成するのか。なるほどなるほど。

というわけで、さらに煮詰めることに。あと、レモン汁追加投入。


プルーンを潰すように木べらでせっせとかき混ぜていたら・・・

おや?なんだか、甘い匂いが・・・?



これは、、、、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


ちょっとジャムを舐めてみると、ほんのり甘酸っぱい。これは美味しい!!



そのまま、飴の様にテカリがでるまで煮詰めること15分。


完成!!!

熱々のまま密封びんに保存。


色は赤色にならなかったけれども、舐めてみると甘酸っぱくて美味しい。
母親曰く、梅ジャムみたいと言ってました。


適当に果物を買い、適当に作り出した今回のプルーンジャム。

なんやかんやで、上手くできて良かった笑


明日の朝にジャムをパンに塗って食べたいと思います。
楽しみだ♪





テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。